FC2ブログ

・・・

オンラインゲームの開発事始め(1) 

いきなりだけどオンラインゲーム開発の勉強をはじめようと思う。
経緯は端折ります。
オンラインゲームの場合いろいろと制約があって、企画を立てるよりも先に決めておく事があるのでそのあたりから。

サーバ

個人レベルでやることだから、料金の関係で自前でサーバを立てる事は難しい。
そこでレンタルサーバを使うことになる。
レンタルサーバで使える通信は基本的にはHTTP通信だけっぽい。
つまりリアルタイムで人が繋がるMMORPGのようなものは作れなくて、SNSで流行っているようなソーシャルゲームのような感じになるね。
「どうしてもレンタルサーバでは制限がありすぎて作れない」となったら多少の出費は覚悟でVPS(仮想専用サーバ)を借りるかもしれない。
その場合は「サーバ構築」の勉強も必要になってくる。
サーバ構築経験者求むw

また、調べたところではHTML5関連技術の「WebSocket」を使えばリアルタイム通信も可能らしいのだが、まだ産声を上げたばかりの技術ということで仕様が固まっていないらしい。
まあ仮に使えるとしてもMMORPGのようなリアルタイム通信ゲームを作るには、WebSocketの勉強だけでなくて対戦を制御するアルゴリズムの研究も平行して行わなければいけなくて、仕事の合間にやっていると下手したら2年3年と時間がかかってしまいそうなので、とりあえずリアルタイム通信は保留。

通信の負荷と転送量の制限

レンタルサーバを使う場合は通信の負荷と転送量の制限も考えなきゃいけない。
要するに重い画像を何枚も使うようなゲームは難しいってこと。
ただしこれはクライアントがPCのブラウザでの話で、たとえばスマートフォンのアプリとして作れば一回のダウンロードで済むので、それなら転送量にもあまり頭を悩ませずに済むかもしれない。

最初はあくまで勉強を進める中で「通信できて対戦ができること」を第一目標に進める予定なので、第一弾は画像をほとんど使わないゲームにするかな。

そんなわけで、ざっと以下のような感じで行こうと思う。
・サーバはレンタルサーバか場合によってVPS
・プロトコルはHTTP
・サーバ側開発言語はPHP+MySQL ←ある程度経験あり
・クライアント側の開発言語はHTML5+JavaScript(予定) ←未経験なので勉強が必要

これに近い環境で作られているゲームがないか調べてみたところ、「ブラウザ三国志」というゲームが参考になりそうだった。

PHPでの大規模ゲーム開発事例〜『ブラウザ三国志』
http://www.gamebusiness.jp/article.php?id=2968

「DBのロックはしっかり行う」か・・・僕はトランザクション関係の理解度がいまいちだからこれも勉強しないとなぁ。
これだけでも勉強量かなり多い。
オンラインゲーム開発の勉強会があったら参加してみたい。

サーバはもちろん自社で用意しているだろうからその点で色々と敵わないとは思うけど、言語はPHP+HTML+JavaScriptのみで作られていると名言しているから、この形のゲームならレンタルサーバでも作れるわけだね。
ちょっとブラウザ三国志で遊んできます(参考のために)

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hakubunyakurei.blog55.fc2.com/tb.php/71-432905a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)