FC2ブログ

・・・

長野一人旅(3)高ボッチ高原~妻籠宿 

これより高ボッチ



長野一人旅(2)の続き。


朝7時半頃、高ボッチ高原の駐車場に到着。
やはり気圧差による頭痛がしたが昨晩のような酷い事にはならなかった。
ここから山頂まで少し歩くようなのでサンダルからスニーカーに履き替えた。



高ボッチ頂上への道


高ボッチの花



道端の花をよく見ようとしたが立ち止まるとアブが何匹も寄ってくるのでまいった。



高ボッチ山頂から

高ボッチ山頂から。
ここは標高1664mと割と低い山なので酸素が薄いと感じる事もなくて空気がとてもおいしい。
ラジコングライダーを飛ばしている人がいた。
写真にポツンと赤いグライダーが写っているのがわかるかな?

中央にあるのが富士山。
周囲をぐるりと見渡すと、乗鞍岳や槍ヶ岳、穂高などの名山を一望する事ができる。






一時間ほどぼんやりしているとだんだん他の観光客も増えてきたので帰ることにした。




帰りの道中、麻痺していた疲れが出てきた。
木曽福島の道の駅で休憩しながら何気なく置いてあったパンフレットを読んでいると、妻籠宿の案内に目が留まった。
ちょうど帰り道の19号沿いにあるのでちょっと寄ってみることにした。





木曽福島からさらに南西に走ること1時間。
妻籠宿に到着。


妻籠宿1


妻籠宿1




ここは昔の家々が再現されたテーマパークなどではない、普通に人が生活している本物の町。
江戸時代はこんな雰囲気だったんだろうか。




妻籠宿2


妻籠宿3


妻籠宿4


妻籠宿5

人懐っこい猫がいた。


tuma6.jpg


tuma7.jpg


tuma8.jpg


tuma9.jpg


気温は高くて蒸し暑かったけど、それは普段よりも心地よい暑さに感じた。
流れる水音と緑と古い家並み、それと車が走っていない静かさが暑さを忘れさせてくれるんだと思った。

夕暮れ時や夜や、秋や冬にもまた来てみたいな。
スポンサーサイト