FC2ブログ

・・・

6/15の独り言 

どうでもいい話だけど、携帯の充電速度が異常に遅くなった。

夜中ずっと充電してても20%くらいしか増えていない。
勝手に通信するような変なアプリでも入れたかなーと、通信監視アプリでチェックしても特に異常なし。

そうすると、本体の端子の故障か、充電ケーブルの故障か・・・。
本体の故障だったらショップに持っていかないとわからないので先に充電のUSBケーブルをチェック。
ちょうど機種変前のXperia用のUSBケーブルがあったのでそれと交換し、充電してみると、普通に充電された。

というわけで犯人はケーブルだった。
ケーブルが壊れた場合、まったく充電できなくなるようなイメージを勝手に持ってたんだけど「充電が遅くなる」という症状もあるんだなー・・・と、一つ勉強になった。

ついでにデジカメも壊れた。



いまは休日でも心が休まらない。
今月の1日、岐阜の高山方面へ一人で登山に行ったんだよ。
「彼女」の死から2ヶ月が経って、耐えがたいほどの苦しさはひとまず去った。
そこで、僕が休日のドライブや登山をようやくすこしでも楽しいと思えるようになったかどうかの実験的な意味での少旅行だった。
・・・出発して10分ですでにわかってはいたんだけど、結果は駄目だった。
高山まで行ったものの、やはりものすごく辛くなって、ほとんど何もせず帰ってきた。
ただ車を往復7時間運転しただけだった。疲れた(;´Д`)
「まだ駄目である」という確証を得たかったために、わかってはいてもあえて行って帰ってきたんだから後悔はしていない。

「彼女はいまどこにいて、何をしているだろうか。自分を責めていないだろうか。寒くないだろうか。お腹減ってないだろうか。そういうことを感じる世界にいるんだろうか。もう存在がなくなって何も感じなくなったんだろうか」
「僕と出会ってしまったから彼女を死なせることになったんじゃないか」
そんな考えがいつまでもぐるぐるぐるぐる頭の中を回ってしまう。

自分で言うのもなんだけど、僕は記憶力はかなり良い。
(他人から見て僕の物覚えが悪いように見えるときがあるとすれば、それは忘れるのではなく、僕が対象に興味をそそられず、最初から記憶していない場合が多い)

ある研究によると、人間が受けるストレスでもっとも強いものは、「大切な人を亡くした時のストレス」だと言う。
僕の記憶力が災いして人よりも長くこのストレスに耐え続けることになるのかもしれない。
いつまでかかるだろう。
10年か、20年か、それとも一生このままか。

旅行でとりあえずわかったことは、一人で出かけるよりは部屋で何かに没頭していた方がまだよっぽど気がまぎれるということだ。
またひさしぶりに絵でも描いてみるかな。
スポンサーサイト



通勤用自転車 

久しぶりの更新です。

最近までどうも調子がいまいちで仕事から帰ったあとは文章を書く気力すらなかったのでブログ更新も滞っていた。
仕事の忙しさがひと段落し、陽射しも暖かくなってきたからか気力もまた少しずつ戻ってきた感覚があるのでもう大丈夫かな。

先日、通勤用自転車を買いました。

X-control comp2

以前、ロードバイクが欲しいとこのブログで書いたことがあるけど、この自転車は「シクロクロス」というタイプで、ロードに比べるとタイヤが太くて悪路に強いという特徴がある。
シクロクロスにした理由は、僕が通勤で使う道はとても走りやすいとは言えない荒れた路面が多くて、場所によっては歩道を走らなければいけない箇所も多いから、ロードの高圧タイヤだと振動がちょっと辛いかなと思って。
シクロの太いタイヤは空気圧もある程度低くでき、それがサスペンション代わりになってくれると思ったわけです。
もっとタイヤが太くて本物のサスペンションもついているマウンテンバイクという選択肢もあったが、あれは車体が重すぎてそれはそれで走っていて楽しくなさそうだから除外。

このシクロを買ってはじめて乗った時にはあまりに気持ちが良くてちょっと近所を流すだけのつもりが、往復40kmも走りこんでしまった。
ロードに比べれば遅いとは言え、それでも30~35km/hは普通に出せて、走っていて気持ちがいいね。
硬いサドルに慣れなくてお尻が痛かったけど体の疲れはまったく感じなかった。
逆に体を動かす事によって頭がすっきりして、疲れが軽くなったような気もした。

僕が知っている「自転車」とはまったく別次元の乗り物になってた。
いろいろ進化してるんだなぁ。
これなら家から25km離れている名古屋までも気軽に行けそうだ。
ガソリン代も高いし・・・自転車はいいね。

開発順調 

プログラムの開発にエンジンがかかってきました。
僕は物事に取り組む際、エンジンがかかるのはめちゃくちゃ遅いが、一旦軌道に乗ったら寝る間も惜しいくらいに集中してひたすら突き進みます。
職場では通常の仕事が終わったあとにパソコンを使って開発させてもらう事になっている。
しかしその通常の仕事の方が何かと忙しくて、開発できる時間は多くても一日2時間ほど…。
これだとなかなか進まないので、自宅に持ち帰って開発の続きをやっています。

自宅でやってしまうと給料にならないんだけどね
NPOの代表も「申し訳ないから」と、職場でやるように言ってくれてるけど…。
同じアスペルガーの人ならわかってもらえるかな?
気になっていることを途中でやめるってことは、僕にとっては拷問に等しいんですよ。
たとえタダ働きになっても、気が済むところまでとことんやってしまう。
だから僕はいつも貧乏なんだなきっとw

今のペースでやって、7月中旬に完成の予定。

そんなわけで、開発に集中しているため「毎日ブログを更新するのが目標」と大見得を切ったのが早々にウソつきになってしまったが、見捨てずにこれからもよろしくお願いします

60円のプラネタリウムに行ってきた 

一宮市にあるプラネタリウムに行ってきた。

建物は40年くらい前に作られたらしく、雰囲気があって悪くない。
僕は昭和の匂いのするものはなぜかあまり好きになれないことが多いんだけど(学校を思い出すからか?)ここは気にいったな。

今回観てきたのは「夏の星空解説+さよならスペースシャトル」という番組で、前半はゆっくりと語るナレーション付きの、眠気を誘うごく普通のもの。
後半の、映像投影システムによる「さよならスペースシャトル」が想像以上に良かった。

名古屋市科学館の新プラネタリウムのような全天周デジタル映像投影システムとまでは行かないけど、スペースシャトルが地球の周回軌道を回る映像などは本当に自分が宇宙を飛んでいるように錯覚する。

これで60円は安いわ~。安すぎて潰れたりしないのか心配になる。
こういう施設はずっと残していってほしいな。
地元の人でもあまり知る人のいない穴場でもあり、僕のお気に入りスポットの一つに入りました。
写真を撮ってくるのを忘れたので今回は文章のみ。

僕の脳 

僕は疲れているとよく睡眠リズムが乱れてくるんだけど、みなさんはどうですか?

職場で、これまで手作業でやっていたルーチンについて、僕から「この作業、プログラム組んで自動化できますよ」と提案したところ、めちゃくちゃ喜んでもらえて、そのプログラムの開発を任せてもらえることになった。
その開発のために僕の作業が少し不規則になった事で、疲れが溜まってきていると感じる。

その他にも仕事に関するアイデアが次々と出てきている。
殺風景な仕事場の建物に「緑のカーテン」を作る事も任せてもらえることになったし、ITを活用した営業とか、他にもいろいろ。
それら全部について情報を集めたりあれこれ考えていたから、たぶん脳が過労状態。

そこに、先週は日曜日も仕事で、さらに昨日は仕事から帰ったあと、家の農業を暗くなるまで手伝って、働きすぎだったらしい。

疲れているとよく眠れるのが普通だと思うけど、僕はなぜか逆に目がさえて眠れなかったりする。
昨日もやはりなかなか寝付けず、ほとんど寝ていないまま今日も頑張って仕事に行ってきた。
体が思うように動かず頭も回らずちょっとヤバかった;

そして今夜は、風呂上りにとうとうダウンして、そのまま床で寝てしまい、寒さで午前3時に起きた。
睡眠リズムは完全に狂ってしまったけど、ダウンできたのが幸い、頭の疲れはかなり回復できた気がする。

限界に来てダウンするまで回復できないって、かなり辛いw

今週の土日は休みだからさすがにゆっくりしたいな
自分の意思とは裏腹に僕の脳は休んでくれないかもしれない。今までの経験からしてまず休まないだろうな。
自分でコントロールできない脳って、不思議だし、だからこそ面白い。